Album
Album

少年少女

2010.09.22
品番:YCCW-10120 価格:¥3,085(税込)

第52回 日本レコード大賞 優秀アルバム賞 受賞

残酷で、傲慢で、純粋。
それが青春。
このアルバムは「家出少女」と「不良少年」」の2人を主人公に、
悪辣な大人たちや、自堕落な女、さまよう魂を抱えた少年など、
数多くの人物が登場する「青春」をテーマにした群像劇である。
1曲目から聞けば「家出少女」の物語として、また、最終曲から聞くことで「不良少年」の物語とも読むことができる。

CD

01家出少女
02ここは、風の街
03独白
04初恋
05秘密
06人間失格
07旅人だもの
08戦争を知らない僕らの戦争
09青春でした。
10ともだちになりたい
11不良少年

このアルバムは「家出少女」と「不良少年」の2 人を主人公に、悪辣な大人たちや、自堕落な女、彷徨う魂を抱えた少年など、
数多くの人物が登場する「青春」をテーマにした群像劇である。

1 曲目から聴けば「家出少女」の物語として、また、最終曲から聴くことで「不良少年」の物語とも読むことができる。
ハッピーな曲は1 つも収録されていないにも関わらず、聴き終えた後にリスナーは、それぞれの「光」を見出すことになる。
それは、中村 中が常々言っている、「光を感じるには、闇が必要」ということなのだろう。

昨今、ややダークで骨太な文芸作品や映画が、高く評価されることが増えている。
閉塞感と無気力に支配されつつある今の時代に、「それでもなお生きている」という気持ちを確かめたい人々が増えているのかもしれない。
100年に一度の大不況といわれ、毎年自殺者が3 万人を越える今の日本で安直な励ましソングや癒しミュージックが空疎に響く中、
“物語”であるこんなアルバムこそが、実は、生活者にとってリアルなのではないだろうか。

M-1家出少女

twitterFacebook
▲To Top
To Top

最新のリリース情報や公演情報を無料メールでお届けいたします。メールアドレスの変更・解除はこちらから

メールアドレス 
登録完了メールが届きます。 万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、大変お手数ですが、再度入力をお願いします。
*ドメイン指定受信を設定している場合は、「@ataru-atariya.com」ドメインからのメールが受信されますように、設定をお願いいたします。