2022.01.31 up

2021年に上演した小沢道成×中村 中の二人芝居、EPOCH MAN『オーレリアンの兄妹』が第66回岸田國士戯曲賞最終候補作品に選ばれました。

2021年8月に下北沢・駅前劇場で上演された小沢道成主宰のEPOCH MAN『オーレリアンの兄妹』がこの度第66回岸田國士戯曲賞の最終候補作品に選ばれました。 『オーレリアンの兄妹』は小沢道成による作・演出の舞台。中村 中は出演と音楽を担当しました。 選考委員には岩松了、岡田利規、ケラリーノ・サンドロヴィッチ、野田秀樹、矢内原美邦が名を連ねています。 選考会は2022年2月28日17:00から東京・學士會館で行われます。


twitterFacebook
▲To Top
To Top

最新のリリース情報や公演情報を無料メールでお届けいたします。メールアドレスの変更・解除はこちらから

メールアドレス 
登録完了メールが届きます。 万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、大変お手数ですが、再度入力をお願いします。
*ドメイン指定受信を設定している場合は、「@ataru-atariya.com」ドメインからのメールが受信されますように、設定をお願いいたします。