読み解く

根岸孝旨さん (プロデューサー)
[2010/09/20掲載]


今回のレコーディングの話が来て、コンセプトの話を聞き快諾したものの、細かいところは作業をすすめながら考えていった。
プリプロが出来上がった曲からレコーディングしていくというスリリングな進行を繰り返して行くうち、
物語が、その全貌を現してきた。

今回は出来るだけ二人で作ろうとしたおかげで、二人とも随分と精神的にも肉体的にもキツかった。
でも無駄に人を増やさなかったおかげで純度の高い作品に仕上がったと思ってる。

「家出少女」のツインドラムが決まった時の高揚感、
「ここは、風の街」のギターアレンジが出来た時の中の笑顔、
「独白」の語りを事務所でのプリプロで初めて聴いた時の衝撃、
「初恋」の詞を初めて読んだ時の切なさ、
「秘密」の中のビブラフォンの巧さに驚嘆し、
「人間失格」の自分のギターに自画自賛、
「旅人だもの」の竹原ピストルの詞に心揺さぶられ、
「戦争を知らない僕らの戦争」の中の構成力に感服、
「青春でした。」の中の音色への執着、
「ともだちになりたい」の二人だけの一発録りが上手く行った時の安堵感、
「不良少年」のストリングスアレンジの中の成長、
等々全てが生涯忘れられないものとなった。

中と僕は勿論、参加してくれたミュージシャン、エンジニア、スタッフの皆の魂の結晶、
どうか一人でも多くの皆様に届きますように!


-------------------------------

根岸孝旨 Profile

学生時代より、その非凡な才能のせいか、音楽業界で広い交友関係を持ち、その中で多くの経験を積む。
「POW!」「SENSE OF WONDER」等のバンド活動を経て、1989年、Dr.StrangeLoveを結成。
精力的にライブ活動や、数多くのアーティストのサポートをこなし、6曲入りカセットテープ『DR.STRANGE LOVE』、アルバム『WayOut』、ミニアルバム『Eyes in the sky』をインディーズで発表後、1997年にマキシシングル『手のひらの中のFreedom』でメジャーデビュー。
現在までにアルバム2枚、映画サントラ盤1枚、マキシシングル2枚をリリース。

比類無きベース・プレイはもとより、絶妙なプロデュース・ワークは日本の音楽シーンに多大な影響を与え続けている。

OFFICIAL SITE
Twitter


-------------------------------


一覧に戻る

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得